Pages

Jul 29, 2006

なぜ?そこに山があるからだ (Day8 Munich -> Interlaken - 2006/7/16)

Day8 Munich -> Interlaken - 2006/7/16
予定通りスイスに。第一の目的地はアイガー、メンヒ、ユングフラウという3つの山に見下ろされる町インターラーケンである。


ミュンヘンからは、チューリッヒでの乗り換えが必要になる。乗り換え時間が15分しかないということで神経質になったが、余裕だった。
一等車の席は広々。ベルリン→ミュンヘンの夜行列車が辛かっただけにうれしい。7時間ほどで着く。


height="319"
alt="20060716185853"
src=
"http://blog.sparky.jp//media/img_20060728T193017453.jpg"
width="480" />
余裕の車内


height="319"
alt="20060716173252"
src=
"http://blog.sparky.jp//media/img_20060728T193017914.jpg"
width="480" />
レストランカーでコーヒー。ユーロでもスイスフランでも支払い可能


インターラーケンは観光地、降りた瞬間から日本語・韓国語の看板があって驚く。町の雰囲気としては軽井沢に近い。
ブランドショップの直営店もあり、中心部はおしゃれな雰囲気。


height="319"
alt="20060716203855"
src=
"http://blog.sparky.jp//media/img_20060728T193018395.jpg"
width="480" />
駅前


height="319"
alt="20060717012421"
src=
"http://blog.sparky.jp//media/img_20060728T193018835.jpg"
width="480" />
中心部



そして物価が高い。貸し自転車が4時間で2000円!ホテルもツイン・ダブルの部屋は10000円くらいからが相場
(ユースホステルが一人5000円だからこれでも最低ライン)。カフェで800円の紅茶を頼んだらお湯とティーバッグが出てくる。
スイスクオリティ。


「なぜ山に登るのか?」と聞かれた登山家が「そこに山があるからだ」という名言を残したが、「なぜこんなに物価が高いのか?」
とここの住人に問えば同じ答えが返ってくるだろう。ハイシーズンとはいえ無茶苦茶である。


明日は登山鉄道を乗り継いでユングフラウヨッホというヨーロッパで最も高い展望台へと向かう。観光案内所で詳細を確認。
一人往復14000円。なぜガイドが付くツアーの方が、普通の切符より安い???奥深きスイスクオリティ。


カフェで韓国人がチーズフォンデュ祭りをしているのを尻目に、中華料理を食べに行く。英語メニューで春雨がTransparent
noodleとなってた。分かりやすい。


帰り道4ツ星ホテルの前を通りかかる、「誰が泊まるんだろう?」と思ってたら、中から日本人の団体客がでてきた。う~む。金持ち日本。

No comments:

Post a Comment