Pages

Nov 6, 2006

『指が』よく切れる包丁


半年前くらいから、右手の人差し指に細かい切り傷がつくことが時々あった。絆創膏をするかしないかのギリギリの浅い切り傷。


今日やっとその理由が分かった。包丁だった。自分は右利きなので包丁を使うとき、人差し指を包丁の背にのせる。そのときに包丁の背で人差し指を怪我していたのだ。和包丁はそういう使われ方を想定しているので背側は丸めてある。今日我が家の包丁の背を改めて触ってみると、めちゃくちゃ鋭い。切れ味が今ひとつな本当の刃の分も包丁の背が鍛えてあるんだろうか?


不良品だろうとクレームを入れるべく、メーカーのホームページに行ってみて謎が解けた。この包丁にはフィンガープロテクター(写真:青緑のパーツ)なるものが付いていたのだ。そしてそれがあるが故、背側の角が丸められていないのである。


ZWILLING J.A. HENCKELSのクールカットシリーズホームページ


f:id:kkomiyama:20061105234100j:image


たしかにこの包丁を手に入れた際には、箱に青いプラスチックの部品が入っていた。洗うたびに外すのが面倒だし、汚れがたまるからと、即捨てたのだが。。。


大失敗だ。


No comments:

Post a Comment