Pages

Mar 18, 2018

2月の光景


今月はNFL王者を決めるスーパーボウルがあった。野球やサッカーで誤審があるたびに「ビデオ判定の導入を」という声があがる。ビデオ判定についてNFLは非常に進んでいる。あらゆる確度から映像が撮影され、瞬時にリプレイ可能である。チームがフィールドでの判定に対して、ビデオでの再判定を求める「チャレンジ」が制度として認められている。サッカーと比べたらそのルールと判定は精度が高い。
これだけ徹底して合理化がすすんでいるにもかかわらず、NFLでは今でも誤審が話題になる。今議論されているのは例えば「キャッチの定義 」である。ボールをキャッチするという誰もがわかる動作を、ルールに基づいて今のはキャッチかそうでないキャッチかで意見がわかれるのである。かくて誤審はただの見落としから、ルールの解釈の誤りというより複雑な問題となって、しかし今も確実にNFLに存在する。

"What constitute a Catch?"などというテーマについて、スポーツコメンテーターが真剣に議論するのを聞いていると、アメリカ人が法律に強くなり訴訟大国とよばれるのも自然な帰結に思えてくる。


2018/2/1
引き続きイスラエル。現地のスタートアップ企業との打ち合わせ2件。
夜のフライトまでの空き時間におしゃれなショッピングモールへ。
小銃を方から下げた若い女性兵士がボーイフレンドと同じかき氷をつつきながら楽しそうにおしゃべりをしている。イスラエルでしか見ることのできない光景だろうなと思う。


帰りのフライトはイスタンブール乗り換え。イスタンブール空港で成田行きに搭乗してすぐ、手荷物を手荷物検査場に置き忘れたことに気づく。CAに取りに戻ると伝えると「地上スタッフが取ってくるから、座ってお待ち下さい」と言われる。その後すったもんだの後、帰国後一週間たって「イスタンブール空港に半年以内に取りにきてください」という結論に至る。

2018/2/2
夜遅くに成田空港に着く。コートをイスタンブールに置き忘れた。周りはがっちり冬物コートを着ている電車の中で、1人シャツ姿。寒かった。

2018/2/3
家族は午前外出しているということで昼すぎまで爆睡。家のベッドで時間を気にせず寝れるのは、至福の一言である。
イスタンブールで失くした荷物の中には冬物のダウンジャケット、お気に入りの革ノートカバーなどが入っていた。加えて長年使っている海外用パワーアダプター「ロード・ウォリアー」も一緒に失くなったのが痛かった。ロード・ウォリアーは軽く、かさばらず、タップの他の口にあまり干渉しない優れものだった。書い直す。今後は透明じゃなくカバンの中で目立つオレンジ色にしてみた。

2018/2/4
朝5時くらいにおきてハンブルグに出発する準備をしていたところ母から電話。昨年末から具合がわるく入院していた祖父が息を行きとったとのこと。正月に見舞った際の感触で気持ちの準備はすこし出来ていたが、やはり寂しいことである。
葬儀の日取りなどもきまっていないため、とりあえずハンブルグに予定通り出発することに。羽田空港のカウンターで本来土曜の朝に帰国となっている旅程を変更できないか相談する。日程変更不可能な安いチケットであるが、家族の不幸ということであれば、死亡証明書などの後日提出が必要となるが、無料で変更してくれるらしい。金曜の朝帰国できるよう旅程変更をリクエスト。この辺の柔軟なサービスは日本の航空会社ならではかもしれない。助かった。その他細かいことは妻に託して飛行機に乗る。

ハンブルグ空港からホテルまでは地下鉄で移動したが、外が暗く、最寄りの地下鉄駅からホテルを探すのにとまどう。なんとかホテルに到着し、ルームサービスの夕食をとって寝る。

2018/2/5
朝起きてスーパーボールの結果を確認。会議参加者の中にも何人かバーで夜中の3時まで観戦していたらしい。
朝からTF-CSIRTの会議に出る。夜は近所のクラフトビールの店で宴会があった。テーブルごとに違うビールの樽が据えられて飲み放題。どのビールもおいしかった。


ホテルに戻ってプレゼン作りと電話会議。本来水木金と3日間参加しないといけない理事会の後ろ2日を欠席せざるを得ないので、埋め合わせでやらないといけないことが沢山ある。

2018/2/6
家族とビデオ会議する時間がとれないため、朝ごはんを食べながら自撮りをしているところを店員さんに見つかって笑われる。「家族に送るための写真なんだ」と説明する時間はなかった。
FIRST Regional Symposiumに参加。Fitbitのベルトが壊れたので市内に買いにいったが、ドイツではガーミンやポラールが人気でFitbitのアクセサリは少ない。

2018/2/7
終日FIRSTの理事会に参加。夜は日本からの参加者7人で地中海料理を食べに行く。

2018/2/8
朝早い便で帰国。帰りはフランクフルト経由。深夜フライトはつかれるが、羽田の上空から見た朝焼けはきれいだった。

2018/2/9
朝7時に羽田に到着。そのまま東京駅に行き新幹線に乗って実家に向かう。駅まで義妹に迎えにきてもらい、実家でシャワーをあびて身支度を整える。11時に会場に到着して祖母や親戚に挨拶をする。13時から告別式。
イスラエルで買っておいたレゴを甥二人にプレゼント。渡したら喜びのあまり言葉がでてこないようだった。かわいい。
夜電話会議。ハンブルグから逃げ帰ってきたので宿題が多い。結局2時くらいまで仕事。長い1日だった。

2018/2/10
起きたら11時半だった。父親が長年使っているiPhone 5c(!)に不便を感じているらしく、iPhone 8 への機種変更をして、データを移す。
夜遅くの電車で東京へ。

2018/2/11
家族で動物園に行く。モルモットを抱けるコーナーが楽しい。ただ意外と最寄り駅から歩くな。

2018/2/12
夜2時間ほどかけて確定申告の書類作成。税金って高いなと改めて思う。

2018/2/13
2月終わりは同僚がインドやらネパールやら南アジアに行っていて、全体的に手薄。だがしかし年度末特有の事務処理が多い。夜神田でIGCJの会議に参加する。

2018/2/14
バレンタインデーということで、境目のないガトーショコラをもらう。ごちそうさまでした。

2018/2/16
朝一で来年度の計画の社内向け説明。色々フィードバックをもらう。
昼頃三田で打ち合わせ。トマトすき焼きをごちそうになる。美味しい。

2018/2/18
家族全員寝坊し、朝ごはんは近所のカフェで。食べ物は美味しいが、コーヒーのクオリティが低いカフェ。。。
夕方公園へ砂遊びに行く。

2018/2/20
ブルネイでの会議に向けて出発。ASEAN諸国(ブルネイ、マレーシア、フィリピン、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、シンガポール、インドネシア、タイ)と日本との関係は深く、ブルネイの技術者との付き合いは長い。が、ブルネイを訪れるチャンスは今回が初めてである。
直行便がなく、乗継便も不便だ。初めて乗るロイヤルブルネイ航空は機内の飲み物にアルコールはおろか、炭酸飲料もない。 変わってる。

ブルネイではシンガポールドルがそのまま使えるため、自宅に残っていた中途半端なシンガポールドルを使って空港からホテルまでタクシーに乗る。
タクシーに乗っている時、いろいろ観察していることをブログにまとめようと思った。
(まとめたものがこれ)

2018/2/21
ちょっと遅れて10時くらいから会議に参加。おなじみの顔ぶれ多い。
夜は日本人3人で中華料理を食べに、値段のわりに新鮮で美味しい。ビールが欲しい、と思ってしまう。
ただ僕はお酒がなくても美味しいカフェラテがあれば行きていける。夕食の帰りにコーヒー屋に立ち寄りラテを買うが味が変だ。後からわかったところだが、ブルネイでは牛乳はすべて輸入品であり、加工されているためまずいらしい。

2018/2/22
終日会議。進行役が長年この分野に貢献してきたグループということもあり、中身のある会議になったのではないだろうか。
会議が終わってからディナーまでの1時間の空きを利用して、ジョギングに。熱帯の国なのですぐ汗が滲んでくる。

2018/2/24
ちきりんのブログを読んでから、次に自分が小型のスーツケースを買う時はソフトタイプにしようと決めていた。イスタンブールでの失敗で、その時が早く訪れてしまった。サムソナイトのJANK スピナー50というのを購入する。スーツケースはキャスター部分に品質が如実に現れる。今までのものより、スムーズに転がり、しかも驚くほど静かで気に入った。

2018/2/25
基本的に家で仕事。夕方、行ったことのなかった近所の公園に砂遊びに行く。寒空の下で震えながら砂遊びをし、家に帰ってすぐお風呂で温まるのは気持ちいい。

2018/2/26
朝一で都庁へパスポートの更新に出向く。パスポートは仕事道具でもある。
期限切れは半年先であるが、次の出張先では、入国時に半年以上の残存期限がないと入国させてくれない。前週も翌週も出張のため、この5日間できっちり新しいパスポートを取得する必要がある。パスポート更新も、ビザの取得も、パスポートを預ける場合が多く、出張が多い時期はスケジュールに神経を使う。
通常パスポートの更新は月曜に申請すれば、翌月曜に新たなパスポートをもらうことができる。来る日曜に出張しなければいけないことを説明し、旅券早期発給願書という紙をかくことで、金曜に受取が可能となった。さらに本籍が変わっていたので、戸籍謄本が必要とのこと。あわてて右往左往し、結局2時位まで手続きに時間を要した。

どうでもいいが、東京観光財団とかいう組織は天下り団体なんだろうか。

2018/2/28
朝8時半から取引先と電話会議があるため、家を6時に出る。



Feb 22, 2018

1月の光景

あけましておめでとうございます。

2018/1/1
車で1時間弱の親戚の家に新年のあいさつに行く。昨年は大変なことがあったばかりだが伯母さんは元気そうだ。
甥っ子2人をあわせて子供3人をお風呂にいれる。楽しい。

2018/1/3
正月ボケの頭にマイクロプロセッサの脆弱性というニュースが入ってくる。なんだよ投機的実行って。。。
実家は前日から降った雪で一面の雪景色。スキー場に行くつもりだったが、そこまでたどり着けるか怪しいということで急遽駐車場にソリができるだけのスロープを作る。
娘は大分実家の家族に慣れてきた。

2018/1/4
母校の小学校のグラウンドに凧揚げにいく。小学校の冬休みの宿題に竹ひごと障子紙をつかって凧を手作りするというのがあった。
自分なりに頑張って作った凧を持って、やはりこのグラウンドに凧揚げにきた。手作りの凧なんてなかなか上がるものじゃなかった。
凧揚げというよりは凧を持ったエンドレスの短距離走だった。
幸いこの日は良い風が吹いていて、甥っ子の市販の凧はあっという間に糸をつかいきるまでにスルスルと高度をあげていった。

2018/1/5
家族みんなで久しぶりに(20年以上ぶりに)海外旅行するという話が持ち上がり、その下調べなどをする。
引き続き会社を休んでいたが、仕事の電話がきたりで休み気分も薄れ気味。午後東京へ。

2018/1/8
実質的な仕事始め。よく休んだので、集中力が続く。

2018/1/12
昼頃来日中のShadowServerの人とあう。ShadowServerはスタッフに人数も予算も我々の半分以下である。が、その活動は業界にあまねく知れ渡っていて、評判もいい。徹底的な自動化が進んでいて、我々もお手本にしないといけない。会議に同席した同僚も皆同じことをおもったらしい。

2018/1/17 香港を拠点にしている取引先が来日しているということで打ち合わせ。その後会社の近くで軽く飲む。出会ったのは5年前くらいか?お互いにいろいろ近況報告する。香港は住みやすい街のようだ。

2018/1/18 霞が関で終日会議。日本の関係者がとある国際会議を仕切っていて、その一回目の会合。できるだけ成功して欲しい。23時から電話会議。

2018/1/20
大学院へ。夜は妻の家族との食事会。小さな子どもが二人いると、落ち着かないが、賑やかなのはよいことである。

2018/1/21
家族で科学館へ。子供は展示よりも今や街中であまり見ない緑の公衆電話に食いついていた。
もう少し大きくなったらきっともっと楽しめるだろう。

2018/1/22
東京にしてはしっかりと雪がふる。電車の混雑を見越して16時頃帰宅したはいいが、既に電車は殺人的な混雑。泣きたくなる。
2時間半かけて帰宅。

2018/1/23
この日も帰りの電車が遅延、混雑で大分時間がかかる。通勤、出張、通学、僕の人生の半分くらいは移動に費やされている。なんとかしないといけない。
この頃電車の中ではSapiensという本をずっと読んでいた。ホモ・サピエンスはなぜより強靭な身体をもち、大きな脳を持つ他の人類(ネアンデルタール人)などを滅ぼし、世界に急速にその勢力を広げたのか?という疑問を紐解く本である。研究に使う文献はすべてKindleで買っているが、今回のはペーパーバッグを買う。久々の紙の本は本当に読みやすい。

2018/1/26
午前来客1件。前の会社の先輩が最近転職したそうで、久しぶりに再会。お元気そうでなにより。
取引先との新年会。双方すこしづつ顔ぶれが変わりつつある。帰宅後、先日投稿した論文を2頁減らしてくれという編集担当からの依頼に対応する。削るのはわりと楽だった。指導教官の先生の修正内容をみると、勉強になる。自分が書きたくて言葉にできていなかったことを汲み取って、自分が書くよりもわかりやすく説明している。短時間に、他の仕事の合間に、こんな的確に直されると恐れ入りました。

2018/1/27
子供と郊外の大型ショッピングモールへおでかけ。コートを着せようするが拒否。駐車場の氷の上でツルツルの感触を楽しんでいた。

2018/1/28
ふと焼肉が食べたくなり、昼焼肉へ。久しぶりのタン塩がうまかった。
午後成田空港へ移動。フライトは夜の9時だが、準備が終わっていなかったのでフライトの4時間前に成田到着する。
仕事がはかどる。空港で靴磨きしてもらう。ここは腕がいい気がする。

2018/1/29
朝一にイスラエルのテルアビブに到着。首都はエルサレムとのことだが、実質の政治経済の中心はテルアビブである。
空港到着後いきなり目に入ってきたのは空港内の通路をかざる「シオニズム運動100年記念」キャンペーンの一貫の展示である。
時間があることもあり、他の旅行者が素通りする展示をじっくり読む。イスラエルとユダヤ人の栄光の布石の一部として近隣のアラブ諸国との友好(という書き方ではなかったが)のコーナーがあったのは意外だ。

タクシーでホテルへ。小規模なホテルのため、対応はフレンドリーで部屋もおしゃれ。3時間ほどまたされてチェックイン。コンビニに水や食べ物を買いに行く。夜は15分ほど歩いてベトナム料理屋にフォーを食べにいく。
テルアビブの町は夜のほうがきれいかもしれない。治安はすこぶる良い。

2018/1/30
CyberTechという国際会議に参加。主催者の営業努力の成果か、日本人が20人くらい参加している。午前中は講演を聞いたが、よくある商業カンファレンスの「我社の画期的なテクノロジーを使った新製品」紹介が多く、やや退屈。チェックポイントという一世を風靡したファイアーウォール製品の会社の社長を始めて見た。Firewall-1とかP-1を使っていた時代を懐かしく思う。会場横のイスラエル企業の展示は日本のものと比べても退屈。
午後は予定通り、会場を抜けて取引先を訪問する。



2018/1/31
テルアビブから車で2時間ほどのベエル・シェバという街にある取引先を訪問する。テルアビブ郊外は、緑の少ない、平坦な砂漠のような景色が続く。これはただ生きるだけでも大変な場所であるだろうなと想像。
取引先との打ち合わせは無事終了し、18時頃ホテルに戻る。人気のハンバーガー屋に行く。おいしいし、パテの枚数などを変更できるのがよい。満足。




その国を知るためにタクシーから観察すること

50カ国以上を訪れた。毎回、時差ボケの頭で空港からホテルまでのタクシー(電車)に揺られる。流れる景色を見ながら「この国はどういう国なんだろうか?」「仕事がし易い街なのだろうか?」とただただボーっと見ている。
最近は、タクシーから見るだけで、ある程度その街のことを予想できるようになってきた(気がするので)、そのコツを皆さんにお知らせしたい。

たかがタクシー、されどタクシー

ポイント1:治安 「この街は安全なのか?危険なのか?」
外務省の安全情報はもちろん有益だが、実際の治安は現場に入ってみないとわからないことが多い。強盗が多発していることで有名な街は、少なくとも強盗が然るべきところに報告され、一部は検挙された上で、その事実が公表されている。その程度には治安が維持されているのである。
本当に怖いのはそういうネガティブな情報が報道されないような場所である。というわけで自らの安全のために以下の点を注意して見て欲しい。

・道行く人の構成
女性や子供が通りを行き交う街は安全である。それが夜なら、その街はかなり安全であると考えていい。
大きな荷物をもってゆっくり歩いている人が多い街は安全。荷物が少なく早足で歩く人が多い街は危険。
そして外国人観光客が闊歩する街は超安全である。

・建物の防犯対策状況
住人がどのくらい防犯に力をいれているかは治安の良し悪しのバロメーター1つ目である。
郊外の一軒家を例にとると、「家を囲う塀なし」「家を囲う塀有り」「家を囲う塀有り かつ 鉄条網や格子でデコレーションされている」の3パターンである。(稀に警備員がどの家にも常駐というケースも。)
一口に塀があるといっても、その高さや作りによって、推測できる治安の良し悪しは変わる。塀をみて飾りなのか、目線隠しなのか、侵入防止のためなのか考えていただきたい。

・自転車、車の停め方
自転車や車が路上に無造作に停めてある街は安全である。逆に車が一杯走っているのに路駐がほぼない街はちょっと警戒する。

・都市部と田舎の差
空港からホテルまでの例えば30分の道のりで、都市部と郊外で街の印象が大きく異る場合、治安は良くない可能性がある。貧富の差があることを示しているからだ。掘っ建て小屋が並んだ町並みが、3分走ると突然真新しい高層ビルに変わるみたいな街は要注意。
誤解している人が多いが、隣近所も全員が貧しい国は基本的に安全である。犯罪が多発するのは、貧富の差がわかりやすく見える場所だ。

ポイント2:合理性 「この国の政府はきちんと機能しているか?」
政府というか行政機関がきちんと機能していない国は意外と多い。それはある程度時間をかけて付き合わないとわからないことが多いのであるが。

・入国書類の複雑さ
飛行機の中で「入国書類のご記入はお済みですか?」と配られる小さな紙を入国書類という。あの入国書類はその国の政府の合理性を雄弁に語る。

入国書類がない、もしくはシンプルな国は合理的な国である。
入国書類を書くのが大変な国はだめな国である。個人情報をA4用紙に2枚分かかせるような国もある。名前をそれぞれ違う場所に3箇所書かせる国、宗教、母親の名前、肌の色など書かせる国もある。入国書類ですら必要な情報を取捨選択できてないのは、役所の仕事の効率が全体的に悪い証拠である。

道路に検問が多い国は警察が無能だったり、汚職がはびこっていることがある。
道すがらにやたら政治家や政党のポスターが多い街もよくない。権力の空白期間(選挙)が近いことを示唆しているから。
なども一応あげておこう。

ポイント3:景気 「この国の経済は上向きなのか?下り坂なのか?」
経済発展の順調さが簡単にわかるはずはない。しかし、いくつかチェックポイントはある。

まず道路の渋滞が激しい国は基本的に発展の途上にある。経済もまだ上向く余地がのこっていると考える。

道がガラガラ、空き家が多い、長年放置されている未完成の工事現場、平日の昼間から若者が道端で座って暇つぶしをしているなどの光景は停滞のサインとして捉えている。

道すがらによくある大型の看板の数や大きさはあまり使えない情報である。広告を誰が出しているかもあまり気にしない。ただ掲示物の鮮度だけはチェックする。二世代前のスマホの広告をだしていたり、Windows XPの広告だったり、1年前のマラソン大会の案内がまだ貼ってあったりは良くない兆候だ。

ポイント4:技術水準 「テクノロジーの活用がどれくらい進んでいるか?」
職業柄これは仕事のやりやすさに直結する大事なポイントなのだが、タクシー運転手の持ってるスマホなどからは推測することができない。
今のところ以下の3つをバロメーターとして使っている。

・送電線の見た目
幹線道路沿いには高圧線が並行して走っていることが多い。鉄塔の構造、電線の保護などは素人目にちゃんとしている国とそうでない国の差がわかりやすい。
基本的に日本みたいな見た目であれば、電力事情が安定していて、安定した電力が必要となるレベル程に技術水準が高い国と解釈している。電線がぐちゃぐちゃしている国は危うい。

・建設現場の状況
完成した建物からその国のテクノロジーを推し量ることは僕にはできない。大きいほど、新しいほどよく見えてしまう。そこで注目するのが建設中の建物の様子である。
足場が組んであるが、遠目からも「登りたくないな」とおもってしまう国は技術水準が低いと考える。

・建物に使われているガラスのサイズ
道路沿いの民家、ビル、商業施設のガラスの大きさを観察する。サイズの大きなガラスを使っている国は工業のレベルが高いと考える。
ガラスの厚さや透明度も結構、国によるバラツキがあっておもしろいのだが、タクシーからはとりあえずサイズだけ確認しよう。

たいていどの国でも街でも、「これを見よ」と言わんばかりの最新の技術を使ったビルだったり、施設だったりがある。それらは全体像を把握する上では役にたたない。電線や工事現場を見よう。

切り札「体感速度法」
長くなってしまったが、今のところ僕がタクシー車内からチェックするのは以上のような項目である。

到着が深夜で景色が確認できない、そもそも疲れ果てていて外を見る気がしない時もある。そんな時のとっておきの方法が、名付けて「体感速度法」である

まずは黙って前を見よう。そして音と揺れと前方の景色から、今車が時速何キロで走っているかを想像してみよう。
自分の感覚より実際のスピードが早かった場合、たとえば自分は時速80kmくらいだと感じて、メーターを見たら110kmで走っていたなどの場合。それは車や道路舗装がよく、ドライバーの運転が上手いからスピードを感じなかったということである。こういう国は大抵仕事がしやすい。

逆に時速80kmは出ているだろうと感じても、実際のスピードは時速50kmくらいだった場合、それはいろいろな点で日本よりも「大変な」街である。降りかかるトラブルを覚悟し、無事帰るんだという気持ちを強く持って、テンション高めにタクシーから降りるべし。

無事と成功を祈る。


タンザニアで1時間渋滞にはまり、尿意と戦った日

カンボジアのバイクタクシー

モントリオールのタクシーがテスラでテンション上がった時


Jan 1, 2018

12月の光景


2017/12/1
朝からD.C.中心部で会議。夜は近場のラーメン屋「KanaKanji」に。ベトナム人経営の韓国料理屋で、味もいまいち。

2017/12/2
東京へ。今までワシントンD.C.の空港(IAD)ではルフトハンザ航空のラウンジに案内されたが、今回はターキッシュエアラインズのラウンジに通される。食事や設備に大差はないが、ラウンジに裏口があって、搭乗ゲートを通らずに機内に通れる。なるほど。

2017/12/3
15時頃成田着。

2017/12/9
家族で動物園にいく。初めての場所だったが、コンパクトにいろいろな動物を楽しめる。モルモットやひよこと触れ合えるコーナーが特によかった。モルモットかわいい。

2017/12/10
バンコクへ。今年の頭から決まっていた会議だから、これに参加することに不満はない。が、前の週には中国でWIC、翌週にはジュネーブでIGFがある。そのどちらもこの週のバンコクの会議よりは価値がある。

2017/12/11
会議初日。この日はタイの祝日とのことだが、ホスト側の準備にぬかりはない。しまった会議だった。夜は公式レセプション。早めに終わったので、夜は知人と3人でルーフトップバーにいき、夜景と凝りに凝ったカクテルを楽しんだ。トゥクトゥクでホテルに戻る

2017/12/12
この会議の長年の議題について参加者間の埋まらない溝が明確に。落とし所あるのかと不安になる。

2017/12/13
30分くらいのプレゼンを行う。

2017/12/14
夜はセキュリティ系の人たちでタイ名物のカレークラブレストラン「Somboon」にいく。大勢でいろいろな料理を堪能。

2017/12/15
夕方日本に帰国。機内で『ビッグバン★セオリー』を見てみたが、面白い。

2017/12/16
溜池山王のシンクタンクへ。新たな仕事のブリーフィングをうける。

2017/12/17
妻の友人とその息子が遊びにくる。

2017/12/20
午前は新聞記事のための3度目のインタビュー。これでインタビューは都合6時間を超えた。

2017/12/23
娘の誕生日会。これからもすくすくと育ちますように。

2017/12/28
会社の納会。今年も一年お疲れ様でした。今の会社の創業メンバーが参加されていて、いろいろお話できてよかった。

2017/12/29
午前は集中して家の中の掃除を。

2017/12/30
実家に帰省。新幹線の指定席乗車券が売り切れていたため、自由席に挑戦。無事座れたが乗車率は高い。

2017/12/31
神棚の掃除をして、いつもどおりの賑やかな御年取り。
夕食を食べていたら大学の先生からメール。査読で落とされた論文が違うカテゴリで掲載してもらえそうとのこと。思いがけない嬉しいニュースがギリギリにとびこんできた。