Pages

Dec 14, 2005

Office 2003 リサーチサービス

"http://blog.sparky.jp/bluepill/archives/000988.html">一つ前のエントリーで書いたとおり最近コンスタントに翻訳をしているのですが、
WordをはじめOffice 2003に翻訳作業にも使える面白い機能があったのでメモ。
その名も"リサーチサービス"。


alt="03rsch01"
src=
"http://img.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/office/office2003/operate/images/03rsch01.gif"
width="202"
border="0" />
こんな感じでOffice 2003のツールバーで辞書を引くことができます。


やり方は至って簡単。Word2003を開いて「ツール」→「リサーチ」。
あとは右の入力ボックスに知りたい単語を打つだけです。
ブラウザや辞書ソフトにウィンドウを切り替える手間を省けるだけでなく、右クリックで検索できたり何かと便利です。

そのほか基本的な使い方は↓をチェックしてください。
"http://www.microsoft.com/japan/users/office/0411/default.aspx">Word
2003 なら「無料で」「カンタンに」辞書が引ける、書類の達人になれる



一番の魅力はSDKが公開されている点です。これを利用して独自のリサーチ機能を作ってWordやエクセルで利用する事も可能です。

Wordから調べたい単語を、今使っている辞書ソフトJammingに送り、結果をWord内に表示することもできそう。
(それが出来たら画面切り替えずにWordだけで翻訳ができて、作業が快適になるな。誰か作ってくれないかなぁ。)


開発にはまずSDKをダウンロードしてから、必要に応じて日本語ドキュメントをコピーします。
"http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=D3FC8129-63F7-43B5-8D99-DE4058ADE0EC">
Office 2003 Research Service Software Development Kit
(SDK)

"http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=D3FC8129-63F7-43B5-8D99-DE4058ADE0EC&displaylang=ja">
Office 2003 リサーチ サービス ソフトウェア開発キット


このSDKを使って実際にAmazonサイト内の検索をするリサーチサービスのツールがAmazonからリリースされています。

"http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/10826531/249-5867740-0557114">
Microsoft Office System対応Amazon.co.jp
"http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/10826531/249-5867740-0557114">
リサーチサービス
 


 





このリサーチサービスはMSのWebCast"
"http://www.microsoft.com/japan/seminar/msdn/300sec/officeapp/play.asp">300秒でズバリ!!
- .NET Framework を活用した Office アプリケーションの実現
"1">"を見ていてたまたま見つけました。"300秒でズバリ"シリーズ面白いのですが、
タイトルに反して350秒かかったりする回があります。詐欺です笑


 

No comments:

Post a Comment