Pages

Dec 20, 2008

BOSEのQuietComfortの良いところ悪いところ


f:id:kkomiyama:20070224214830j:image


2年前購入直後のマイQC3


BOSEのQuietComfort3を使い始めて約2年がたった。その間ほぼ毎日通勤や出張の飛行機などで使ってきた。ここではそこから感じた、使い込んで初めて分かるQuietComfort3の良いところ悪いところを解説したい。ちなみに僕はオーディオの音質が全く気にならない人なので音質などについてはコメントできない。


悪いところ


QuietComfort3の悪いところは製品本体よりはその周辺にある。


付属ケーブルの弱さ

2年間の間にヘッドホン本体とプレーヤーとを結ぶ付属のケーブルが2回も断線して買い換えている。


BOSE QuietComfort3用ショートケーブル


これ


プレーヤー側の根元の樹脂のコーディングが破れるのである。正直国産のケーブルでこんな状況をみたことない。知り合いも何度か切れているので、僕の扱いが荒いのだけが原因ではないのだ。ちなみに切れたら1500円近く出して買い換えである。




直営ストアの最悪さ

BOSE製品なので普通の電気屋さんでは売っていない。本体を買うのも、ケーブルを買い換えるのも直営のストアに行くのが手っ取り早い。が、この直営ストアがよろしくない。「オーディオ好きのための上質空間」とでも言いたげな中途半端さ、そして店員はバイト丸出しな接客なのである。賞品の説明ができない、ケーブルを買いに行ったら在庫切れなど直営店に良い思い出はない。横浜、渋谷、秋葉原の3店舗いって全てイマイチだった。Apple Store的なものを想像してBOSEの直営店を訪れると幻滅すること請け合い。おとなしくAmazonで買った方がいい。


良いところ


しかしやはり製品の質は高いのである。


ノイズキャンセルのすごさ

静かだと思っていた我が家でQuietComfortを使った時の経験を擬音で表すとこんな感じだ。


「ッサーーーーーーー、ドン、、 、 、  、   」


最初のサーは普段気づきもしない小さなノイズ。ドンという音でスイッチが入ると、本当に静寂が訪れる。この効果はむしろ静かな空間でこそ感じられる。


もちろん飛行機や電車の中でのノイズキャンセル性能はいうまでもない。


機内だけでなく空港での搭乗待ちの間、QuietComfortを使っていると明らかに疲れにくい。空港内に常に響いているアナウンスの声や話し声をカットしてくれるからだと思う。そして電車内で音楽を聴く時に、イヤホンだと音量をこまめに調整する必要があるが、QuietComfortならなにもする必要がない。


丈夫


2年間、バッグに直接放り込んだりして手荒くあつかっているが本体には傷は無い。耳を左右から押さえつける力も購入した頃のままだ。さすがに丈夫にできている。


またイヤーパッドなどの痛みやすいパーツは後から交換可能になっている。というわけであと2~3年は平気で使えると思う。


今のマイQC3


f:id:kkomiyama:20081217230005j:image


f:id:kkomiyama:20081219224126j:image


まとめ


上の写真のとおり2年たってもヘッドホンはちゃんと使えている、大事に使えばこれからも長くつかえると思う。高いヘッドホンだったがトータルで考えたら割安な買い物だったと今つくづく思う。もし今あなたが購入を迷っているなら騙されたと思って試してみてほしい。自分がどれだけのノイズに囲まれて生活していたかをおもいしらされるはずだ。





BOSE QuietComfort3 ノイズキャンセリングヘッドホン

BOSE QuietComfort3 ノイズキャンセリングヘッドホン






No comments:

Post a Comment