Pages

May 21, 2006

ジロ・デ・イタリアが生で見れる幸せ

height="52"
alt="stage_13"
src=
"http://blog.sparky.jp//media/img_20060520T162743347.jpg"
width="79" />


ジロ・デ・イタリア、今年からJSPORTSで"http://www.jsports.co.jp/style/giro.html">ライブ中継が始まってしまった。
中継されている以上見ないわけにもいかず・・・睡眠時間が短くなる一方です。


前半戦の個人総合のリザルトはこんな感じ


 


cellspacing="0"
cellpadding="2"
width="715"
border="0">















































































bgcolor="#FCD1EA">順位bgcolor="#FCD1EA">選手名bgcolor="#FCD1EA">国bgcolor="#FCD1EA">チームbgcolor="#FCD1EA">タイム
1イヴァン・バッソITAチーム CSCin 44h31"52'
2ホセエンリケ・グティエレスESPフォナック ヒアリングシステムズat 02"48'
3パオロ・サヴォルデッリITAディスカバリーチャンネル プロサイクリングチームat 03"26'
4エマヌエーレ・セラーITAチェラミカ・パナリア・ナヴィガーレat 04"21'
5ヴラディミル・ベッリITAセッレイタリア・セッラメンティディキジョバンニat 05"31'
6トム・ダニエルソンUSAディスカバリーチャンネル プロサイクリングチームat 05"38'
7マヌエル・ベルトランESPディスカバリーチャンネル プロサイクリングチームat 06"36'
8フランコ・ペッリツォッティITAリクイガスat 06"37'
9ビクトルウーゴ・ペニャCOLフォナック ヒアリングシステムズat 06"54'
10ダミアーノ・クネゴITAランプレ・フォンディタルat 06"54'

 


ディスカバリーのチーム力がずば抜けている事がわかる。恐ろしいチームですよ、ディスカバリーチャンネル。
3分以上の差があるとはいえバッソの対抗馬はサヴォルデッリだろう。二人の争いに注目したい。
あとシモーニの意地の走りにも期待。


コース的に山場の少ない前半戦でも十分楽しかった。後半はもっと楽しくなるんだろう、と思うとわくわくする。

4 comments:

  1. ジローラモ・デ・イタリア、
    なんて、ちょいワルおやじな響き。
    ギャランドゥーの濃さを競うんだろうね。

    ReplyDelete
  2. なおきさん:
    ちょいワルおやじって、同性の目から見るとどういうものなのでしょうか?
    個人的には、ちょいワルおやじを気取ってる方は苦手です。

    ReplyDelete
  3. なおき氏じゃないけど、俺の目から見たちょいワルおやじってのはこうです。「思春期と青年期にオシャレし忘れた、遅れてきたオッサン達」普通に育てばああはなりませんよ。雑誌とか読んでちょいワルってる人たちがホントにいるなら、きっとそういう人たちでしょう。

    ReplyDelete
  4. キョウヘイさん
    「思春期と青年期にオシャレし忘れた、遅れてきたオッサン達」ですか~。そうかもしれませんね。
    でも、私の周りにいるちょいワルおやじの皆さんは、青年期はバブルでかなり気合の入ったオシャレをしてきたように見受けられます。
    多かれ少なかれまだバブルを引きずってる人が多いような・・・。
    シャツのボタンを外して小汚いヒゲをはやしてるより、ヒゲはきちんとそって、ぴしっとネクタイしてる方が素敵なのに、ってそれは私の趣味か。
    あ、でもクールビズ中は、ネクタイなしでOK。でもシャツのボタンはとめて欲しいです。

    ReplyDelete