Pages

Feb 17, 2004

Ω スピードマスター

20031122_SpeedMaster.jpg
最近「ストップウォッチをリセットしても55分のところに針がいってしまう」病にかかってます。


added 2004/2/22
Googleでちょっと調べる。
クロノグラフでストップウォッチの秒針、12時間針が正しい位置に戻らなくなるのは
極めてよくあるケースらしい。
もしかして修理は意外と安く上がるのか?
added 2004/2/23
修理してくれるとこを探してWebを検索検索。
あるお店にメールで見積りを依頼。
ついでにリセットボタンの反応が悪いことも書いたんだけど
とっても丁寧なメールが返ってきた。
ここにお願いしよう。
-------------snip---------------
メールありがとうございます。
オメガスピードマスターの黒文字盤デイト
表示無しのモデルだと思います。
あのモデルはスタートストップに比べてリセット
ボタンが重いのが特徴です。
というのもクロノグラフ針、30分積算計、12時間積算計
の3つを同じにリセットするためにかなり大きなリセット
ハンマーと呼ばれる部品をプッシュボタンを押すことで
作動させるからです。ですのでやや重いんです。
クロノグラフ針の位置ズレを直すのは2000円です。
納期は1週間ほどです。よろしくご検討下さい。
-------------snip---------------
正規代理店での修理はこちら。

No comments:

Post a Comment