Pages

Dec 15, 2007

Convertコマンドを使う (ImageMagick事始め)

視覚化、なんでも見た目が9割 :: Blue Pill
視覚化、なんでも見た目が9割 Part2 :: Blue Pill
あたりの記事の続きともいえる視覚化ネタ。

ImageMagickって便利

今書いてるプログラムで大量の画像のフォーマット変更や、縮小、文字入れなどをする必要があって、ImageMagickをLinuxサーバにインストールしてみた。マルチメディア系(?)に疎いのだが、ImageMagickは便利だね。

たとえばこんな画像を

ぼかしてみたり

ひっくり返したり
 

ネガ反転させたり

 

どんな処理もコマンド一発。ただmanがしょぼしょぼで、実行例と結果の画像を直感的に対比できるサイトがなかったので作ってみた。他のパターンもみたい方は是非参照して欲しい。

面白いのは130KBのGIFをPNGに変換すると90KBになって、JPGに変換すると402KBになるところ。あとは”convert -size 100x80 label:"HELLO WORLD" l.png”などとするとHELLO WORLDとかかれたPNGファイルが生成できること。
便利だ~~~。

教えてください

もし知っている人がいたら以下の点について教えてください。

  1. 画像ファイルの中から特定の色が何ピクセルあるかを数えたい
  2. GIFアニメをFlashに変換って出来るの?
  3. 画像数100枚を比較して色の分布が他と違う画像をピックアップできる?

処理は全部Linuxサーバ上でやりたいので、Windowsアプリは対象外。Linuxで動くなら、Perlでもバイナリコマンドでも。

なお、「画像ファイル」とはエロ系ではないことをここに誓います。

追記:2007/12/15

すごいサイト見つけた。この辺のノウハウって本にまとめればお金取れるとおもうけど、太っ腹だ。

画像処理についてあれこれ
http://kyle-in-jp.blogspot.com/

1 comment: