Pages

Nov 22, 2005

オトナ語と内田有紀

"http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101183120/bluepill-22/ref=nosim/"
target="_blank">オトナ語の謎。

"http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101183120/bluepill-22/ref=nosim/"
target="_blank">4101183120src=
"http://images.amazon.com/images/P/4101183120.01._SCMZZZZZZZ_.jpg" />


すーさん大プッシュの「オトナ語の謎」を読んでみました。確かに面白い。
けど、自分が知らないうちにオトナ語にヘビーに毒されていることに気付かされ、居心地が悪いことこの上なし。


これをオトナになるというんですかね?




で、思い出したのが内田有紀。
僕が中学のとき内田有紀の絶頂期で、「有紀ちゃんの一日に密着!」というありがちな企画をテレビでやってました。
そこでレポーターっぽい人が「お気づきになりました?有紀ちゃんは『おはようございます』とか『お疲れ様でした』
っていういわゆるギョーカイ用語を使わないんですね。」と解説してた。確かにVTRの中の彼女は普通に「こんにちは」「さようなら」
と言っていた。


レポーターは内田有紀が擦れていないという点を強調したくて、このエピソードを挟んだとおもうし、僕も『へー、そうなんだ』
と流していたけど、今思えばそれは彼女なりの抵抗だったのではないかと。
そして、これも今思えばなんだけど、オトナ語を受け入れないそんな姿勢が、彼女のその後のキャリアを暗示していた気がする。


TENCAを取ったアイドルは笑顔の裏でいろいろ考えていたのかもしれない。


そして10年以上前のワイドショーのアイドル密着企画の些末なセリフを覚えている僕は、記憶力をもっと有効活用するべきかもしれない。

No comments:

Post a Comment