Pages

Jun 25, 2017

6月の光景

5月末はアフリカにいたわけです。こんなかんじで。

 そこから6月の出来事を振り返ります。

2017/5/31
朝8時半に成田に到着。そのまま羽田空港へ移動。家族とターミナル内のレストランで昼ごはんを一緒に食べる。
12時半にミュンヘン行きの飛行機に乗る。ミュンヘンからタリン行きの飛行機に。
タリンのホテルにたどり着いたのは日付が変わったくらい。

2017/6/1
CyCONというサイバー分野の法律専門家が多く集う会議に参加する。この会議そのものは4年ぶり?
会議を抜けてホテルのジムに行って30分くらいトレッドミルに乗る。爽快。
夜は同僚と日本料理屋へ。ひさしぶりなのでどんなラーメンでもうまい。夜9時過ぎでも外が煌々と明るい。

2017/6/2
朝からCyCON聴講。お昼前に閉幕。その後すぐ横のホテルでGCCS(cyberstability.org)の会合がはじまる
1列目の席札ある席が用意されているのは想定外。パネルディスカッションの共同進行役を務める。が、タイムマネジメントがグダグダで最後2人のパネリストの話す時間を満足に取れなかった。もうしわけない。
ディナーが19時から22時まで。ホテルに戻ってGCCSの委員とバーで軽く一杯。日付が変わる直前でホテル内で明日の会議の作戦会議はじまる。
「こういうのを烏鎮プロセスって言うんだ」と事務局の人は自虐的に言ってるけど・・・

2017/6/3
昨日会議がおわったあとで今日の会議には参加できないと事務局から伝えられていた。9時位までゆっくり寝る。
朝ごはんを食べながらブラジルの知り合いにGCCSについてのTweetについて質され答えに窮する。Tweetの内容自体全くしらされていない。
時差調整と体調整えるためにトレッドミルに30分。
その後チェックアウトして市内を散策したが見るもの特になし。ソ連支配下のエストニアにおいてKGBが情報活動をおこなっていたというホテル最上階にあるスペースが博物館になっており、そこを見学する。1時間のツアーだったが詰めれば10分で鑑賞可能な情報量。
その後空港へ移動。ミュンヘン経由で帰国する。 多分産まれて初めてLOTに乗った。



2017/6/4
16:00頃羽田着。18:00自宅に。

2017/6/5
ほぼ1日寝て過ごす。

2017/6/7
成田からプエルトリコへ。

2017/6/8
機内で猟奇殺人事件担当の刑事になる夢。やたら気持ち悪い死体ばかりみてやになり、起きてそれが自分の想像力の結晶と知って気持ち悪くなる。頑張って二度寝したら、乗ってる飛行機に火災発生するという夢。
朝5時にプエルトリコに着く。荷物がなかなか出てこず、タクシーも捕まらない。
結局6時過ぎにホテルにたどり着きチェックインを済ませる。部屋が会場へのアクセス悪い別建物になっている。変えるようフロントに依頼。

2017/6/9
朝から理事会。夜は全員で食事会。
朝7時に海に軽く泳ぎに行ったら、10人の理事のうち僕を含めて6人が 泳いでいる。「少し泳いで体動かすと、一日爽快に過ごせる」のはみんな共通らしい。
10人の理事は選挙で選ばれる。細かな意見の相違はあっても、組織の発展をねがって1年間チームプレーで頑張ってきた。あと数日もすれば半数の5名は任期切れに伴う選挙に再び望む。当然再選できる保証はない。 最後にみんなで集合写真を取ろうと提案した。下はその準備中の一枚。

2017/6/10
引き続き朝から理事会。

2017/6/11
カンファレンスの開会を翌日に控えて、非公式プログラムが始まる。
朝からカンファレンス参加者が続々とホテルに到着。午後この週唯一まとまった自由時間あり。歩ける距離にあるビーチショップにサンダルを買いに行ったが日曜定休だった。がっかりして炎天下を歩いてホテルまで歩く。地元の人がビーチサイドでくつろいでいて賑わっている。
夜はアイスブレーカーセッション。いい感じの帽子がオーダーされていた。うれしい。

 

 

2017/6/12
カンファレンス正式に開幕。午後、台中のイベントの打ち合わせを関係者とする。宿題がたくさん。夜は旧市街でスポンサーなどを招いた食事会。
同じ会社からはFIRST常連のU氏と初参戦のT氏。セッションを聞きに行く時間がないため、大抵のことはU氏におまかせなのは例年通り。
 

2017/6/13
細かい打ち合わせをバリバリと。 昼はフォーでお腹を休める。

2017/6/15
朝ごはんを食べながら打ち合わせ。午後総会。FIRSTは2016年に赤字を出したため、それを説明するなど。選挙は5人の現任理事が全員再選した。よかった。

2017/6/16
午前の会議の間に、会社の同僚の初めての英語でのプレゼンを聞く。狭い部屋にすし詰め。もっと大きな部屋を用意してもらうべきだったかな。
間延びしたカンファレンスのクロージングセレモニーの最後でホテルが突如全館停電に陥る。FIRST「らしい」終わり方かもしれない。
14:30 ホテルからアレシボ電波天文台へ向かう。天文台スタッフ(天文学者2名と大学院生6名)を相手にしてセキュリティについてのワークショップをした。終了後天文台の中を見学させてもらう。特にアンテナの中央制御室はWindows95の箱があったり、VNCを使っていたり、3.5インチフロッピーが現役だったりと驚くことが多い。時間が止まっている。
20:30 天文台からホテルに帰着。同僚と韓国人の取引先とホテル近くのフードコートでご飯。その後プールサイドのバーで遅くまで飲んで就寝 。日本人参加者の一人がフランス語でコートジボワール人とコミュニケーションをとっているのを見て刺激をうける。

 

2017/6/17
3:30起床 6:00にサン・ファンから帰国の途につく。
忙しくはあったが多少のリフレッシュもできた。よかった。今年も忙しかったが、昨年はこれに加えてカンファレンス担当理事として朝の挨拶などの仕事、理事選挙、同行した家族のお世話などなど盛りだくさんだった。あれをよく乗り越えられたなと。

2017/6/18
16時過ぎに成田着。家に帰る。

2017/6/20
溜まっているメールの返事。郵便物に印鑑おして返送などなど。ほぼ一ヶ月ぶりの出社でいつもの電車にすら若干ドキドキする。

2017/6/21
午後神田でフィッシング対策協議会の年次総会。今年度もみなさんのお陰で着実にすすめていけそう。

No comments:

Post a Comment