Pages

Sep 16, 2013

2013年8月の光景

再開。
仕事が忙しいからといって書くことがない、なんていう人生は間違っていると思ったからである。
秘密を守ることが仕事だからといって、黙っているのは思考停止と思われて致し方ないし、なにより品が良くないと思ったからである。

8月2日
電車の中吊りが目に留まった。「昼から飲もうと夏が言う。」サントリーオールフリーのコピーである。
ITを使って途上国支援をしようという皆様の飲み会に参加させていただく。楽しかった。

8月3日
朝起きて実家に電話。「たまには元気な顔をみせろよ」とのこと。思いたちその日の午後、帰省。夏の田舎は涼しい。新鮮で元気な果物や野菜をたくさん食べると、寿命が伸びる気がする。甥っ子が

8月7日
神保町で美味しいビールを飲みに。表に出ていないけど良い仕事をしている人がきっとたくさんいるのだろうと、この日の友人の話を聞いて改めて思う。

8月9日
大井町でお仕事。会場が綺麗!

8月10日
Evernoteのパクリのようなコーヒー豆をドトールでみかける。午後親戚でご飯。イタリアンが美味しかったが、トリッパ頼みすぎだった。



8月11日
モンゴルへ。直行便に空席はなく、北京経由の中華国際航空(エアチャイナ)に乗ったが、行きも帰りも3時間づつ遅延である。選り好みをできる身分ではないが、相手との約束がある仕事で使いたくはない。



8月14日
聞けば今は年中寒いモンゴルを訪れるのに一番いい季節だという。そのせいかモンゴルはとてもエネルギッシュな国という印象をうけた。人々は誇り高く、そして論理的だ。熱烈な歓迎に感謝しつつ、同僚と無事日程をおえた。



8月17日
新しいバーを開拓。いまいち。

8月19日
献本いただいた「サイバーセキュリティ読本」とこれまたおみやげに頂いたウガンダの手作りしおり。


NHKスペシャル 「忘れらた引揚者 ~終戦直後・北朝鮮の日本人~」を見る。終戦後の引き揚げは混乱を極めたと聞いているが、これもまた切実な物語であった。戦争経験の語り手がすくなくなる中、記憶が薄れる中、戦争の有り様をあえて放送し続けるNHKは本当に素晴らしい。

8月21日
取引先が何名か東京に出張。朝から晩まで会議の日々。合間にアートアクアリウムをみんなで見学。



8月24日
妻と弟を誘って焼き肉へ。うまかった。霜降りの肉はもたれるので赤身が美味しく感じる。

8月25日
モンゴルでお亡くなりになったMacbookのディスクを交換。半年前にはシステムボードを入れ替えているが、ディスクが飛ぶとそれはそれは大変である。しかもTimeCapsuleでのバックアップがなぜかとれていないという不運が・・・
復旧に励む。



8月26日
長い夏休みをとった知人が仕事に復帰し、久しぶりに飲みにいく。最近合う人ほとんどLINEを使ってるなぁ。

8月27日
Software Design 9月号で「screenはもう古い、いまどきはtmux」という趣旨の記事を読んで、早速brew installしようと思ったらMacのディスクが・・・ 2時間かけてなおす。tmuxはデフォルトでだいぶ使えるようになっているのが便利だが、使い込んだ.screenrcを捨てるほどのものではない。あくまでも現時点では。こうやって時代に取り残されていく。

8月30日
浅草で定期的に飲むという仲間内の集いが、今回はなじみの店が改装中につき押上で開催される。結局フラフラになって帰宅することになるのはいつもとかわらない。



8月31日
濃い目の茶色の革スニーカーは重宝するが、今のやつがヘタってきた。というわけで買い直す。
前に履いていて足型があうと感じたRockportに戻ることに。

No comments:

Post a Comment