Pages

Jun 3, 2010

夜中に携帯が確変に突入することについて

携帯電話をつかって最後に誰かに電話をしたのはいつであったか?そのくらい電話をする機会は少ない。そして携帯に届くメールは日に数通である。つまり基本的に音がならない僕の携帯であるのだが、時々狂ったように受信を始めることがある。これを僕は携帯の確変モード突入とよんでいる。

確変モードの根源は大抵において、「姫」というニックネームのある同級生である。「姫」が下々に「バーベキューしない?」とメールをする。このとき仲間全員をCCに入れて送信するという風習がある。

たとえばAさんからB,C,D,E,Fさんへの飲み会のお誘いに対して、全員がAさんに参加の可否を連絡し、ついでに近況を連絡し、それにAさんが返信し、さらにBさんが話に加わり、それを横目にEさんとFさんが別の飲み会の話をする、というような無限連鎖状態である。これを食らうとメーラーはこんな感じになってしまう。


[caption id="attachment_2146" align="alignnone" width="526" caption="無惨にうめつくされたインボックス"][/caption]


これはパソコンなので見るのも、削除するのも楽だけど昔は普通の携帯電話だったので、埋め尽くされたメールを見て青ざめたものである。仲間の中には「彼女からもらった、何度も読み返したいとっておきメール」が押し出される様に削除されてしまったというような悲しい経験をしたやつもいる。

みんなが結婚したり、子供ができたりとなかなか携帯が確変に入ることも少なくなってきたが、昔からの友達のあいかわらずさを実感出来る機会として僕は実は楽しみにしている。

年に2回くらいまでならだけどね。

No comments:

Post a Comment