Pages

Nov 26, 2005

劇団ひとりがフィッシング詐欺のCM

劇団ひとりがフィッシング詐欺のCMしてる!
"http://www.lifecard-choice.com/safety/top.html">http://www.lifecard-choice.com/safety/top.html


"http://blog.sparky.jp/images/file_20051125T230326432.jpg"
target="_blank">height="180"
alt="gekidanhitori"
hspace="0"
src=
"http://blog.sparky.jp/images/img_20051125T230322635.jpg"
width="144"
border="0" />


フィッシング詐欺。これだけ聞いても「へー」で終わっちゃうのは「フィッシング」がイメージしにくい単語だからでしょう。
同じものを表す言葉でもカタカナにすると途端に口にしやすくなり、聞き手に与えるインパクトが薄れます。BSEと狂牛病がいい例です。


そんな悪条件の中、劇団ひとりが一本釣りされるカットまで入れて、
フィッシングについて啓蒙していこうとするライフカードは立派だと思いました。


e-wordより引用。フィッシングの定義


style="MARGIN-RIGHT: 0px">

金融機関などからの正規の"http://e-words.jp/w/E383A1E383BCE383AB.html">メール"http://e-words.jp/w/WebE382B5E382A4E38388.html">Webサイトを装い、
暗証番号やクレジットカード番号などを搾取する詐欺。「釣り」を意味する「fishing」が語源だが、
偽装の手法が洗練されている(sophisticated)ことから「phishing」と綴るようになったとする説がある。


 代表的な手口は以下のとおり。メールの送信者名を金融機関の窓口などのアドレスにしたメールを無差別に送りつけ、
本文には個人情報を入力するよう促す案内文と"http://e-words.jp/w/WebE3839AE383BCE382B8.html">Webページへのリンクが載っている。
リンクを"http://e-words.jp/w/E382AFE383AAE38383E382AF.html">クリックするとその金融機関の正規のWebサイトと、
個人情報入力用のポップアップウィンドウが表示される。メインウィンドウに表示されるサイトは「本物」で、ポップアップページは
「偽者」 である。本物を見て安心したユーザが"http://e-words.jp/w/E3839DE38383E38397E382A2E38383E38397.html">ポップアップに表示された入力フォームに暗証番号やパスワード、
クレジットカード番号などの秘密を入力・送信すると、犯人に情報が送信される。


No comments:

Post a Comment