Pages

Nov 5, 2017

10月の光景

個々数年の経験から、私の数少ない特技は時差ボケをほとんどしないことだと思いこんでいた。6月半ばから10月まで、出張があっても時差の無い韓国と中国であり、結果的に3ヶ月以上からだが完全に日本時間に慣れきっていた。
そのためだろう、カナダでは時差ボケが本当に治らなかった。時差ボケ防止には時差の有るところにコンスタントに行くというのが効果的だ。そうすることで常に体内時計をピンぼけさせるのである。

私が普段ボケているのは、つまり慢性的な時差の影響という風にご容赦いただきたい。

10月1日
日曜日だが、モントリオール市内のカンファレンス会場候補を視察して回る。
北米でフランス語が公用語というのはなかなか違和感ある。






10月2日-10月4日
FIRSTの理事会で終日ホテルに缶詰。夜のディナーは時差のためスキップ。Yelpで調べた近辺の中華麺屋さんにいったら、大当たりだった。





10月5日
朝早くホテルをチェックアウトし、モントリオール空港へ。シカゴ乗り換えで日本に戻るのだが、空港内にアメリカの入国管理担当官がいて、「カナダでアメリカへの入国手続を済ませて」飛行機に乗る。
こういうパターンは初めてみた。
ここはカナダ!

10月6日
午後成田着。初めてのシカゴ→成田

10月7日
家具を見に行く

10月8日
幼稚園の運動会を2つ巡る。それぞれに個性がある。
Add caption

10月11日
今年3回目の北京出張。飛行機がアップグレードされてラッキー。
夜はウェルカムディナー。先生がホスト役の中国の外交官にギリギリの質問をして、場に緊張が走るのももはやいつもの事である。


中国「らしい」雰囲気のあるホテルで嬉しい

最近は中国ワインというのも人気のようである

10月12日
中国現代国際関係研究院と高麗大学との日中韓サイバーセキュリティトラック2協議に参加。一回目の前回よりも大分参加者同士の信頼関係ができていて議論が深まってきた。そして中国側の参加者の優秀さには驚いた。
夜はまたも先方の接待でディナーにお呼ばれ。第19回党大会の開幕を翌週に控え北京市内中央部は厳戒ムードである。人民解放軍、北京市警察、武警、民間保全隊。ざっと見ただけでもいろいろな制服の人が街角にたっていて、異様な雰囲気を感じる。



10月13日
午前、中国の取引先を訪れるため、タクシーに1時間乗って北京近郊まで足を伸ばす。オフィスで打ち合わせのあと、昼ごはん。
昨年成都で食べていらい火鍋が忘れられず、この日も火鍋に連れて行ってもらう。四川出身の知人がつけダレを作ってくれた。大ぶりのご飯茶碗くらいの大きさの器に、波々とごま油を注ぐ。そこにニンニンペースト、刻みパクチー、たまり醤油のようなものをこれでもかと投入する。このタレの味が火鍋の味を左右するらしく、みんなそれぞれ独自のやり方をするらしい。
とにかくめちゃくちゃ美味しい。アヒルの血で作った豆腐のようなものも、センマイも火鍋によく合う。
その後知人に北京空港まで送ってもらい、無事帰国。
自宅についてもニンニクの匂いが抜けなかった。




北京の代表的ジュース

10月17日
就寝前に論文を投稿した学会から査読結果のお知らせメール。結果は不採択で、残念の一言である。

10月18日
ちょっと遅めの結婚記念日のお祝いのため休暇をとる。鉄板焼きも美味しかったが、昔は当然であった、自由に歩きまわれる感覚は新鮮である。


10月19日
深夜電話会議

10月20日
霞が関方面へ。懐かしい
夕方大学院のミーティング。翌日に向けたリハーサルなどのせいか、いつもより緊張感あり。

10月21日
大学院セミナーで藤沢へ。同門の先輩が無事公聴会を終えた。先生と先輩と3人で湘南台で祝勝会を開く。自分の現状を振り返って焦ることしきり。

10月22日
午前は子供と2人でショッピングモールへ行く。帰り道で雨脚の強さに驚く。その雨の中を近所の投票所まで足を伸ばす。

10月23日
会社で終日ミーティング。深夜電話会議。

10月24日
深夜電話会議のはずがチャットで話し込むことに。そうこうしているうちにBadRabbitなる新たなランサムウェアの情報が主にヨーロッパ方面からバタバタと入ってくる。
明日のために最低限のメールを返事して寝る

10月25日
自分自身に焦点が当たる取材。2時間弱話す。しかしこれでも足りず2度めの取材があるとのこと。

10月26日
深夜電話会議

10月28日
年度行事のために一泊で御殿場・箱根方面へ。


お尻の穴に入れたら痛そうな大分県。

Oct 3, 2017

9月の光景

2017/9/1
タンザニアのイベントの金策で電話会議。

2017/9/5
夜ソウルへ。朝家をでるときに、韓国で使えるT-Money(日本で言うSuicaのような存在)のカードを探すも見つからない。子供がよく遊んでたからなぁ。。。
23時ソウル着。お迎えの車でホテルまで。GCSCの宿題をやってから寝る。

2017/9/6
終日会議。ちゃんとスーツも持ってきた。日中韓での対話は重要である。
夕方、韓国の取引先主催の夕食会がいかにもな伝統的韓国料理を食べさせてくれる店だった。おいしかった。水キムチが美味しく感じられ、その価値がわかるようになってきた。ホテルに戻って、もはや10年来の付き合いの韓国の人とビールを飲みに行く。韓国政府も人事異動があるが、わりと似たようなポジションに異動する印象あり。KRNICの最近の悩みなどを聞く。


2017/9/7
午前、会議。午後、ソウル駅で友人と待ち合わせ、そのまま金浦空港まで電車移動。

早めの夕食を食べて、夜10時くらいに東京着。東京は雨模様。羽田空港にほど近い穴守稲荷のビジネスホテルにチェックイン。国内でホテルに泊まることほとんどないのでちょっとドキドキ。

2017/9/8
朝、ホテルから羽田空港に移動。話題になっている週刊新潮の記事をラウンジで読む。10時過ぎの飛行機で台北松山空港へ。エバー航空は機内がキティちゃん一色。初めて乗ったけど不思議な感じである。
松山空港からタクシーで高速鉄道台北駅まで移動し、高速鉄道に乗車。車両を作っているのは川崎重工と聞いたが、ちょっと前の長野新幹線の車両と瓜二つで初めて見るのに「懐かしい」感じがする。

夕方に台中のホテルに着いた。さっそくイベント会社の人や共同主催者に挨拶。ホテルの構造が変わっていてトレーニングやカンファレンスの会場へのアクセスが複雑。同僚と近所のローカルなご飯屋に飛び込んだが大正解だった。どれも本当に美味しかった。


ホテルに戻って論文執筆をしたかったが、移動で疲れていたのでとりあえず寝る。

2017/9/9
朝から4時に起きて論文執筆の続き。9時からネットワークフォレンジックに関するトレーニング。今回は二日間全部一人で切り盛りするので体力勝負。

疲労のせいなのか、口の中が炎症だらけでご飯が食べにくい。
夜は昨日同僚と行ったレストランに一人でいって、さくっと麺を食べて帰ってくる。ホテルに戻って論文執筆を朝まで。台湾のコンビニで売ってるレモンジュースが美味しい。

2017/9/10
トレーニング二日目。夕方翌日の会議の関係者を招いての夕食会。2日連続の徹夜だったので早めに切り上げる予定だったが、ゆったりとしたペースでサーブされるフランス料理で、デザートにたどり着いたのが10時過ぎくらい。
タクシーで帰って朝7時まで論文執筆。主にWordの脚注機能との戦いであった。

2017/9/11
カンファレンスの日。参加者は60人くらい。当初の目標200名には大きく届かないが、プログラムチェアのおかげで面白いプレゼンテーションが揃った。

2日連続の徹夜で熱っぽいので、昼食前に部屋に戻って昼寝。15時頃に会場に戻って閉会を見届ける。
明日の早朝の台北からの飛行機に乗るには、今日のうちに台中から台北に移動したほうがいいらしい。もともと打ち上げをしてから深夜のシャトルバスで台北に移動しようと考えていたが、計画を変更し、19時チェックアウトして台北行きの新幹線へ乗る。

新幹線の中で台北の空港近くのビジネスホテルを予約。
23時ごろに台北のホテルにチェックイン。

2017/9/12
朝5時、朝焼けを見つつ台北のビジネスホテルをチェックアウトし、空港へ。

松山空港はコンパクトです。台湾は久しぶりだけどやっぱり快適な国なので次はもう少しゆっくり来たい。
9時頃台湾を出て、昼前に羽田着。不規則な生活となれない食事で口内炎が悪化。食欲が減退気味であったが、空港内の看板に惹かれてターミナル内でお寿司を食べる。うまいじゃないか。特にネギの散った青のり味噌汁が最高に美味しかった。

17時、北京行きの飛行機に乗る。20時過ぎに北京着。お迎えの人が3人も来ていて、車に案内される。
車中で片言英語でお迎えの中国人と会話する。好きな中国の食べ物と聞かれたので、火鍋とか担担麺のような辛いのが好きですと答えると、携帯で電話しだした。ホテルについてチェックインしようとしたが、国際会議場の横のホテルにもかかわらず英語が満足に通じない。ベトナムと似た感じ。中国語堪能な同僚に手伝ってもらいなんとか意思疎通を図る。
お迎えの中国人スタッフと明日の待ち合わせの場所と時間を確認して別れる際に、「はいこれ、担担麺!」とお弁当を渡された。電話してたのはこれだったのか。気遣いが嬉しい、ありがたくいただいた。美味しい担担麺だったのだけど、とっても辛くてむせまくった。
部屋に備え付けのズボンのプレッサーの使いこなせず戸惑う。2時就寝。


2017/9/13
8時にホテルのロビーにお迎えの人が現れ、会場の中の貴賓室に連行される。会議を主催する中国360社のチーフセキュリティオフィサーと懇談。
会議会場が大きい。昨日は数千人が参加してたらしい。
14時から講演。立ち見も出ていて盛況。


講演終了後に中国の取引先とちょっと立ち話のつもりが、1時間話し込む。中国で大きな国際サイバーセキュリティカンファレンスをしたいということだった。FacebookもGoogleも使えない国でのカンファレンスは正直厳しいだろうな。
16時にホテルに戻って、論文の続き。






2017/9/14
早朝北京から羽田への飛行機に乗って帰国。市内から空港への道が結構渋滞している。次回も時間には余裕を持って空港に向かおう。
中国ではWechatがないと周りの人と連絡するのも楽じゃない。加えてセキュリティ企業もWechatのコーポレートページを作って製品やサービスの宣伝をWechatで行っている。アカウントを作ってみた。


2017/9/15
学会誌に投稿する論文締め切りの日。朝から何度か先生とやり取り、締め切り1時間前の23時に提出を終える。

2017/9/16-18
三連休は仕事も研究をしないと決め、家族と過ごす。弁当を持って公園にピクニックにいったり、家電を見に行ったり、子供と二人でショッピングモールにいったり、料理したり。子供と二人でステーキ屋さんに入って無事食事できたのはよかった。
いい休日だった。命の洗濯とはよく言ったものである。


2017/9/19
久しぶりに会社に行って、出張によって生じた仕事の遅れを取り戻す。
インターネットの殿堂(Internet Hall of Fame)というのがあって、久しぶりに殿堂入りの人物が発表される。

2017/9/21
財布を忘れて会社に行く。モバイルSuicaが生命線である。
午前、久しぶりに溜池で打ち合わせ。午後、富士通JAIMS主催の国際マネジメントプログラム(GLIK)でゲスト講演するために後楽園へ。サイバーセキュリティと安全保障の密接な関係について話す。

2017/9/24
一週間前の締め切りを乗り越えて、論文を書きたいという熱が自分の中で高まっている。とりあえず新たなテーマ2つ「北朝鮮のサイバー攻撃の実態」「サイバー攻撃のアトリビューションのメカニズム」について先行研究の確認を始める。

2017/9/25
朝一で健康診断に行く途中でどうしても会社に行かないと開けないメールが届き、急遽出社。

2017/9/26
Mac OSをHigh Sierraにアップデートしてみた。アップデート後15分に1度位の頻度で突然再起動がかかる。大失敗だ。OSのバージョンアップでファイルシステムを変更するってすごいことだ。

2017/9/27
夜珍しく池袋で懇親会。待ち合わせの時間までの間に家電量販店にいって、前から欲しかったBluetoothマウスを買う。長文の編集にはやっぱりマウスが便利だね。

2017/9/28
IGCJ。ICANNやAPNICがAPIGAという若者向けのインターネットガバナンスの研修をしていることを知る。参加した日本の大学生の人の発表があった。KISAがセキュリティの発表してたらしい。ヤフーの人はAPrIGFでの模様を発表していた。出口のない小さな問題を延々と議論するよりも、次の時代を担う人の活躍を聞くほうが生産的である。
そしてKSKロールオーバーが延期という驚きのニュース。韓国の知り合いとチャットで話すが、午前中にマスコミ向けにアナウンスを済ませた数時間後にICANNから延期の発表があり、面目丸つぶれだと。

2017/9/29
三田で打ち合わせ。今月は半年の研修が終わった同僚と、12年働いた同僚の離任。組織も変わっていく。

2017/9/30
散髪、草むしりをして昼ご飯を食べてから成田空港へ。成田久しぶり感ある。シカゴを経由してモントリオールへ出発。シカゴまでの区間はビジネスクラスにアップグレードされてよかった。モントリオール空港からホテルまではUberのようなサービスを使う。車がテスラだった!

時差ボケで朝4時に目が醒めてしまったので、前から嫌で手を付けなかった契約書を2つ作る仕事にとりかかる。コピペしたり、先方が9割仕上げたものを修正したりしただけだが、「仕事をした感」はある。

Sep 17, 2017

8月の光景


2017/08/02
家の近所で小さな夏祭りがあり、家族で冷やかしに。綿あめ買った。


2017/08/03
深夜まで、今取り掛かっている論文について作業。完成度5割

2017/08/06
子供と郊外のショッピングセンターに。2人だけだとフードコートでご飯を食べさせるのもなかなか楽じゃない。ゲームセンターでプリクラをとってみた。最近のプリクラは画像補正が激しくて気持ち悪い。

2017/08/09
タンザニアのイベントについての電話会議。アフリカのイベントだが実行委員会グループは日本、スペイン、スイス、タンザニア、コートジボアール、ドバイとみんなばらばらの場所にいる。特にアフリカの人との電話会議におおいのだが、今回も時間通りに始められなかったり、回線の状況が不安定だったり、なかなか議論するのが難しい。

2017/08/12
再び子供を連れてショッピングセンターに。フードコートが大変だった反省から、普通のレストランに入った。

2017/08/13
朝からアメリカのサイバーセキュリティ戦略各種を読み込む。戦略が多すぎるよ・・・

2017/08/14
府中でセキュリティ・キャンプ2017全国大会の特別講演というのをする。約80名の未来ある若者を前に、海外での失敗談、凝ったう○こをする羊の話などを中心。みんな一生懸命聞いてくれて一安心。個人的には「チューター」と呼ばれる数年前にキャンプに参加した人たちが近況を報告するコマの熱量が一番印象に残っている。素晴らしい才能がたくましく育つことを祈る。


2017/08/16
FireTV Stick、要はテレビに繋いでAmazonビデオやYoutubeが見れるというガジェットを購入した。これでYoutubeが大画面で見れる!

2017/08/20
親類と妻の誕生日のお祝いをかねたランチ。帰宅後論文の続き。

2017/08/21
夜、同僚の送別会。退職を惜しむ声が会社内そして社外のコミュニティから強く、ムードメーカーとしてとても良い仕事をしてきてもらったんだと改めて思う。美味しい肉を食べて、帰宅後電話会議。


2017/08/24
ケーキを買って帰宅。いつも定時後すぐに駆け込んでも残っているケーキはほとんどない人気店なので、この日は17時くらいに早退。いつもは残っていない人気ケーキが買えた。


2017/08/28
大学の共同研究の関連で北京のシンクタンクを訪問。指導教官のお供である。一泊二日だけなのでいつものリュックサックに着替えだけ入れて出発。15時頃北京のホテルにチェックイン。18時から少し離れたレストランでシンクタンクの研究者にディナーに連れて行ってもらう。かなり突っ込んだ意見交換で刺激的だった。
ホテルに戻って、少し本を読んだが多分22時前には寝てた。

2017/08/29
朝イチでシンクタンクのキャンパスを訪問。徒歩の道すがら北京の自転車シェアシステムの人気を改めて知る。
打ち合わせそのものは無事おわり、お弁当を頂いて、空港へ向かう。
文字に残せる力、書ける能力が研究には重要ですなぁ。


2017/08/31
先日送別会をして同僚の最終出勤日、みんなでハンバーグを食べに行く。











Aug 18, 2017

7月の光景

日常のデキゴト、7月はずっと日本にいた。
そうするとデキゴトに関連する人への配慮からブログという公の場所にかけることが少なくなる。いたしかたなし。

荒みがちな毎日。通勤時間に見た、TVドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズに癒されました。







Jun 25, 2017

6月の光景

5月末はアフリカにいたわけです。こんなかんじで。

 そこから6月の出来事を振り返ります。

2017/5/31
朝8時半に成田に到着。そのまま羽田空港へ移動。家族とターミナル内のレストランで昼ごはんを一緒に食べる。
12時半にミュンヘン行きの飛行機に乗る。ミュンヘンからタリン行きの飛行機に。
タリンのホテルにたどり着いたのは日付が変わったくらい。

2017/6/1
CyCONというサイバー分野の法律専門家が多く集う会議に参加する。この会議そのものは4年ぶり?
会議を抜けてホテルのジムに行って30分くらいトレッドミルに乗る。爽快。
夜は同僚と日本料理屋へ。ひさしぶりなのでどんなラーメンでもうまい。夜9時過ぎでも外が煌々と明るい。

2017/6/2
朝からCyCON聴講。お昼前に閉幕。その後すぐ横のホテルでGCCS(cyberstability.org)の会合がはじまる
1列目の席札ある席が用意されているのは想定外。パネルディスカッションの共同進行役を務める。が、タイムマネジメントがグダグダで最後2人のパネリストの話す時間を満足に取れなかった。もうしわけない。
ディナーが19時から22時まで。ホテルに戻ってGCCSの委員とバーで軽く一杯。日付が変わる直前でホテル内で明日の会議の作戦会議はじまる。
「こういうのを烏鎮プロセスって言うんだ」と事務局の人は自虐的に言ってるけど・・・

2017/6/3
昨日会議がおわったあとで今日の会議には参加できないと事務局から伝えられていた。9時位までゆっくり寝る。
朝ごはんを食べながらブラジルの知り合いにGCCSについてのTweetについて質され答えに窮する。Tweetの内容自体全くしらされていない。
時差調整と体調整えるためにトレッドミルに30分。
その後チェックアウトして市内を散策したが見るもの特になし。ソ連支配下のエストニアにおいてKGBが情報活動をおこなっていたというホテル最上階にあるスペースが博物館になっており、そこを見学する。1時間のツアーだったが詰めれば10分で鑑賞可能な情報量。
その後空港へ移動。ミュンヘン経由で帰国する。 多分産まれて初めてLOTに乗った。



2017/6/4
16:00頃羽田着。18:00自宅に。

2017/6/5
ほぼ1日寝て過ごす。

2017/6/7
成田からプエルトリコへ。

2017/6/8
機内で猟奇殺人事件担当の刑事になる夢。やたら気持ち悪い死体ばかりみてやになり、起きてそれが自分の想像力の結晶と知って気持ち悪くなる。頑張って二度寝したら、乗ってる飛行機に火災発生するという夢。
朝5時にプエルトリコに着く。荷物がなかなか出てこず、タクシーも捕まらない。
結局6時過ぎにホテルにたどり着きチェックインを済ませる。部屋が会場へのアクセス悪い別建物になっている。変えるようフロントに依頼。

2017/6/9
朝から理事会。夜は全員で食事会。
朝7時に海に軽く泳ぎに行ったら、10人の理事のうち僕を含めて6人が 泳いでいる。「少し泳いで体動かすと、一日爽快に過ごせる」のはみんな共通らしい。
10人の理事は選挙で選ばれる。細かな意見の相違はあっても、組織の発展をねがって1年間チームプレーで頑張ってきた。あと数日もすれば半数の5名は任期切れに伴う選挙に再び望む。当然再選できる保証はない。 最後にみんなで集合写真を取ろうと提案した。下はその準備中の一枚。

2017/6/10
引き続き朝から理事会。

2017/6/11
カンファレンスの開会を翌日に控えて、非公式プログラムが始まる。
朝からカンファレンス参加者が続々とホテルに到着。午後この週唯一まとまった自由時間あり。歩ける距離にあるビーチショップにサンダルを買いに行ったが日曜定休だった。がっかりして炎天下を歩いてホテルまで歩く。地元の人がビーチサイドでくつろいでいて賑わっている。
夜はアイスブレーカーセッション。いい感じの帽子がオーダーされていた。うれしい。

 

 

2017/6/12
カンファレンス正式に開幕。午後、台中のイベントの打ち合わせを関係者とする。宿題がたくさん。夜は旧市街でスポンサーなどを招いた食事会。
同じ会社からはFIRST常連のU氏と初参戦のT氏。セッションを聞きに行く時間がないため、大抵のことはU氏におまかせなのは例年通り。
 

2017/6/13
細かい打ち合わせをバリバリと。 昼はフォーでお腹を休める。

2017/6/15
朝ごはんを食べながら打ち合わせ。午後総会。FIRSTは2016年に赤字を出したため、それを説明するなど。選挙は5人の現任理事が全員再選した。よかった。

2017/6/16
午前の会議の間に、会社の同僚の初めての英語でのプレゼンを聞く。狭い部屋にすし詰め。もっと大きな部屋を用意してもらうべきだったかな。
間延びしたカンファレンスのクロージングセレモニーの最後でホテルが突如全館停電に陥る。FIRST「らしい」終わり方かもしれない。
14:30 ホテルからアレシボ電波天文台へ向かう。天文台スタッフ(天文学者2名と大学院生6名)を相手にしてセキュリティについてのワークショップをした。終了後天文台の中を見学させてもらう。特にアンテナの中央制御室はWindows95の箱があったり、VNCを使っていたり、3.5インチフロッピーが現役だったりと驚くことが多い。時間が止まっている。
20:30 天文台からホテルに帰着。同僚と韓国人の取引先とホテル近くのフードコートでご飯。その後プールサイドのバーで遅くまで飲んで就寝 。日本人参加者の一人がフランス語でコートジボワール人とコミュニケーションをとっているのを見て刺激をうける。

 

2017/6/17
3:30起床 6:00にサン・ファンから帰国の途につく。
忙しくはあったが多少のリフレッシュもできた。よかった。今年も忙しかったが、昨年はこれに加えてカンファレンス担当理事として朝の挨拶などの仕事、理事選挙、同行した家族のお世話などなど盛りだくさんだった。あれをよく乗り越えられたなと。

2017/6/18
16時過ぎに成田着。家に帰る。

2017/6/20
溜まっているメールの返事。郵便物に印鑑おして返送などなど。ほぼ一ヶ月ぶりの出社でいつもの電車にすら若干ドキドキする。

2017/6/21
午後神田でフィッシング対策協議会の年次総会。今年度もみなさんのお陰で着実にすすめていけそう。