Pages

Nov 10, 2014

よくわからないが使いやすい。美しくないが使いやすい。

私はIBM(今はLenovo)Thinkpadシリーズの愛用者である。Thinkpadの魅力はいろいろあるが一番は手に馴染むキーボードである。トラックポイント(キーボード真ん中の赤いポッチ)とキーボードの相性は抜群でホームポジションから手を離すことなく全ての作業が完結する。これを超えるキーボードはないと思っていた。

そんな私がMacbookに手を出したのはおそらく五年くらい前。以来、Macのカチャカチャするキーボードに違和感をいだきつつも、両方を使い続けてきた。

異変に気づいたのは最近のことだ。なんとなくMacbookのほうが打ちやすい、操作しやすいと感じてきたのだ。Macbookの広く取られたトラックパッドがしっくり馴染むようになってきた。Thinkpadのキーボードを触っていると窮屈な感じがする。

改めてキーボードを見比べてみて一つ気づいた。Macbookのキーボードはホームポジションとトラックパッドの中心が揃っておらず美しくない。Thinkpadのキーボードはシンメトリーで美しい。





だが(Thinkpadファンとしては悔しいことに)Macbookのほうが使いやすい。トラックパッドを使うのは右手だから、右寄りトラックパッドが使いやすく感じるのか?理由はよくわからない。

よくわからないが使いやすい。美しくないが使いやすい。

Apple製品のデザインについて美が強調されるが、Appleは使いやすさのためなら美しくないものも受け入れるということを、毎日お目にかかるキーボードが物語っているのではないか。

No comments:

Post a Comment